×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

北野のやぐら

姿 見 彫物図柄 彫 物


泉南市 西信達地区
北野

当代やぐら
新調
平成12年9月10日(2000年)
ケヤキ造り
大工 味園建設
彫師 木下賢治

先代やぐら
新調 昭和9年〜12年頃
ヒノキ造り
北野で平成11年まで曳行、当代やぐら新調により西信達の個人が所有後平成17年金熊寺地区に渡る。大修理を行い信達神社宮本やぐらとして約40年ぶりに金熊寺地区の曳行復活

先々代
大正4年頃多奈川より購入、老朽化にて壊れる

三先代
地元の大工が製作、明治42、3年頃に解体。


(間違いあればご連絡ください)
北野のやぐら 新調のコマがりっぱです、彫物が緻密で流麗な印象
 
姿 見
連合曳きのために陸にやってきました
 
  
  
太鼓は先代のを使っています
 
  
 
  
 
  
  
 北野と宮本の本宮夜最後の掛け合い
 
 
ページトップ
 
彫物図柄

(大屋根廻り)
鬼板:獅噛み
懸魚:(正面)「鳳凰」、(背面)「雲に鶴」
車板:(正面)「日吉 誕生」
枡合:(正面)「富士川の初陣」、(右)「桶狭間の戦い」、(左)「高松城水攻め」、(背面)小田原攻め
欄間(正面)「尼崎の難」、(右)「小栗栖光秀の最後」、(左)「山崎の合戦」
虹梁:「牡丹に鳳凰」、
柱巻:(右)「降り龍」、(左)「昇り龍」
小脇板:(右)「加藤清正 山路将監の血戦」、(左)「加藤清正 虎退治」
幕板(右):「秀吉本陣佐久間の乱入」、(左)「加藤嘉明 勇戦」
兜桁:「一丘神社御神紋」
脇障子【本能寺の変】(右):「織田信長」、(左):「森蘭丸」
犬勾欄:(正面)「阿吽の唐獅子」(右)「風神」、(左)「雷神」
板勾欄:(正面右)「幸村 家康本陣襲う」、(正面左)「木村重成 勇戦」、
    (右側面)「三方ヶ原の戦い」、(左側面)「姉川の戦い」
縁葛:「牡丹に唐獅子」

(小屋根廻り)
鬼板:獅噛み
懸魚:「松に鷲」
車板:「日吉丸小六の出会い」
枡合(後正面)「醍醐の花見」、(右)「草履取り」、(左)「地震 加藤」
欄間:(右)「秀吉光成の出合い」、(左)「長短槍試合」
幕板:(右)「福島市松 勇戦」、(左)「脇坂甚内の戦い」
板勾欄:(右)「秀吉の腹を探る」、(左)「秀吉 屈辱を忍ぶ」
縁葛:(右)「清洲 登城」(左)「大徳寺焼香の場」、
 
サイト利用に関するご注意
宮本やぐら保存会(以下「当会」)は、本サイト上の文書、画像等(以下「文書」)の内容に関して誤りがあった場合でも、当会は一切の責任を負いかねます。 また、本サイト上の文書は予告なしに変更または廃止されることがありますのであらかじめご了承下さい。当会の許可なく、本サイト上の文書・画像の一部または全部を複製・転用などにより利用することは固くお断り致します。
All rights reserved,Copyright(c)2006,Miyamoto Yagura Hozonkai